渡辺護

渡辺 護(わたなべ まもる、1931年3月19日 – 2013年12月24日)は、日本の映画監督、脚本家、映画プロデューサー。新劇の俳優から演出家に転向し、いわゆるピンク映画の黎明期からその隆盛を支え、美保純、可愛かずみのデビュー作を手がけたことで知られる。

生涯を通じて多作であり、監督作だけでも210作を超えるといわれる。門前 忍(もんぜん しのぶ)という筆名を山本晋也と共有した。